[PR]

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の開幕まであと300日余り。会場の一つ、愛知県豊田市では、豊田スタジアムを中心に各所で準備が進む。これまでに計上した市の予算は関連事業を含めて74億円。幻に終わった「サッカーW杯開催地」で見た夢をラグビーでかなえるため、今、前へ前へと突き進む。

 名鉄豊田市駅の周辺。「一生に一度だ。」「熱くなれ 愛知・豊田。」といったW杯を宣伝する垂れ幕やポスターに交じり、「Free Wi―Fi(ワイファイ)」のステッカーが貼られている。

 市は、駅と豊田スタジアムの間の1・4キロで、無料で無線LAN(Wi―Fi)が利用できるよう工事を進めている。外国人らW杯観戦客のために導入した。今月末に豊田スタジアムでの工事が終わり、来年3月には「ワイファイストリート」が誕生する。市企画課の担当者は「他にも香嵐渓など主な観光地でも利用できるので、地方都市としてはかなりの規模になる」と話す。

 市はW杯に向け、開催地決定後の2015年度から予算を組んで準備を進めてきた。開催にかかる負担金と大会宣伝費以外にも、W杯を機に拡充・前倒しで取り組んでいる関連予算も計上した。多言語対応の案内看板や地図の作製、駅前広場整備など(道路は除く)で、総額は今年度までに73億8500万円に達する。

 その半分以上を占めるのが豊田スタジアムだ。

 2基目となる大型映像装置(縦…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら