[PR]

 サウジアラビア人記者のジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で殺害された事件で、米紙ニューヨーク・タイムズは12日、殺害に関与した容疑者の一人が任務終了後に「ボスに伝えて」と電話で話していたと報じた。現場の音声記録に基づくもので、複数の米情報当局者が「ボス」はサウジのムハンマド皇太子を指すと見ているとしている。

 同紙によると、電話の会話はムハンマド皇太子の名前に直接言及してはいない。トルコ情報当局者は米当局者に、電話をしたのはムハンマド皇太子の外遊に頻繁に同行していたとされる男で、通話の相手は皇太子の側近の一人と伝えたという。男はカショギ氏殺害に関与した疑いでサウジ政府に身柄を拘束されているうちの一人。

 同紙によると、サウジ当局者は報道について、「トルコ当局に聞かされた音声記録にそのような文言はなかった」としている。

 トルコ政府によると、カショギ氏は10月2日に総領事館に入った直後に絞殺され、遺体は切断された。エルドアン大統領は10日、サウジと米英独仏に現場の音声記録を提供したと明らかにした。また、エルドアン氏は、カショギ氏の殺害命令が「サウジ政府の最高レベル」から出されたものだとの認識を示している。(アンカラ=其山史晃)