[PR]

 日米野球は14日、第5戦がナゴヤドームであり、日本代表(侍ジャパン)は6―5で大リーグ選抜に逆転勝ち。対戦成績を4勝1敗とし、勝ち越しを決めた。日本は4点を追う七回、代打山川(西)の左中間への適時二塁打などで同点に追いつき、八回には、2死一塁から甲斐(ソ)が決勝の適時二塁打を放った。15日にナゴヤドームである最終戦は日本が笠原(中)、大リーグ選抜はジョンソン(レッドソックス)が先発予定。

こんなニュースも