[PR]

 敗戦直後、中国東北部(旧満州)に入植していた開拓団の仲間を守るため、旧ソ連兵らを「性接待」し、現地で亡くなった女性たちを悼む岐阜県白川町の「乙女の碑」に、当時の経緯を説明する碑文が加えられることになった。18日に除幕される。

 「性接待」は、岐阜県の旧黒川村(現白川町)などから入植した黒川開拓団で、1945年9~11月にあった出来事だ。

 入植先の吉林省陶頼昭で現地住民による略奪暴行から保護してもらう代わりに、17~21歳の未婚女性15人前後が団幹部の指示でソ連軍に差し出された。うち4人は性病や発疹チフスなどで現地で死亡した。経緯は戦後ずっと伏せられ、生き残った女性の要請で82年、「黒川分村遺族会」が石像を建立した。しかし、碑文はなく、台座に「乙女の碑」とあるだけだった。

 当事者への配慮だったというが、帰国後、うわさだけが広がり、当事者の女性たちが苦しみ続けた。2011年に第4代遺族会長になった白川町議の藤井宏之さん(66)は当事者から話を聞き、「このまま埋もれさせては申し訳ない」と考え、後世に伝えるために碑文を付けることを思い立った。

 当事者のうち健在なのは数人で、遺族の半数前後は町外に住む。藤井さんは、ほぼ全員の関係者に会い、了承を得た。約130人の遺族会員の中で「反対」を伝えたのは2人だった。

 碑文を記した説明板は縦1・2メートル、横1・7メートルのステンレス製。「私たちがどれほど辛く悲しい思いをしたか」など当事者の女性の言葉を引用し、接待の経緯を記している。約600人のうち200人が現地で死亡した黒川開拓団や日本の傀儡(かいらい)国家だった「満州国」の説明もあり、全体で4千字を超す異例の長文になった。開拓団の場所や帰国ルートの地図も載せた。

 接待の経緯では「引き揚げ後も…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら