[PR]

 「世界糖尿病デー」の14日、シンボルカラーの青色に建物をライトアップするイベントが各地であり、名古屋城大天守(名古屋市中区)も、名古屋駅前の高層ビル群を背景に青く浮かび上がった。

 11月14日は、糖尿病の治療に使うインスリン発見者の誕生日。糖尿病の予防や治療の大切さを呼び掛けるため、国際糖尿病連合と世界保健機関(WHO)が制定した。(戸村登)