[PR]

 2015年8月に大阪府寝屋川市の中学1年の男女2人を殺害したとして殺人罪に問われた山田浩二被告(48)の裁判員裁判は14日、被告人質問が大阪地裁であった。山田被告は公の場で初めて2人が亡くなった経緯を詳細に語り、改めて殺意を否定した。

 被告は弁護人の質問に対し、事件当日の15年8月13日未明、京阪電鉄寝屋川市駅の商店街付近で、事件で亡くなった平田奈津美さん(当時13)と星野凌斗(りょうと)さん(同12)を見かけたと説明。「家に送ったろか」と話しかけ、「話の流れ」で2人が車に乗ったとした。

 車内で星野さんの様子がおかしくなり、平田さんに睡眠薬を渡したが、その後星野さんがぐったりしたと説明。「動いていなかったので、死んだのかなと思った」という。

 被告は顔を隠せば遺体が「消え…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら