[PR]

 スルガ銀行(静岡県沼津市)が14日発表した2018年9月中間決算は、純損失が985億円(前年同期は211億円の純利益)となり、大幅な赤字に転落した。18年3月期は69億円の純利益だった。

 シェアハウス融資の不正問題で多額の貸し倒れ引当金を計上して損失がかさんだ。実質与信費用(単体)は前年同期の32億円から、1196億円に急増した。今回の赤字決算を受け、保有する19店舗について評価損が発生すると判断、25億円の特別損失も計上した。19年3月期の業績見通しは975億円の純損失の見込み。

 シェアハウス融資の不正問題で新規の不動産投資向けローンを停止するなど、貸し出し業務は大きく停滞している。主力の個人ローンの実行額(単体)は上期(4~9月)は281億円と、前年同期(2263億円)のわずか10分の1程度にまで減っている。貸出金の期末残高は3兆858億円で、前年同期から約2千億円減った。

 シェアハウス関連融資の状況も公表し、総与信残高(金融再生法開示債権ベース)2537億円のうち、正常債権は634億円にとどまり、残りの1903億円は返済に懸念がある。内訳は、318億円が破綻(はたん)更正等債権、1016億円が危険債権、568億円が要管理債権。

 大幅な赤字決算に伴い、自己資本比率(単体)は8・65%と、前年同期の12・7%から4・05ポイントも低下。ただ、国内で営業する銀行に求められる4%以上は確保した。期末の預金残高は3兆4159億円と、3月末より6737億円減少した。(柴田秀並)