ジャズを主軸にロック、ポップス、クラシックと幅広いジャンルで活躍したピアニスト・作曲家の佐山雅弘(さやま・まさひろ)さんが14日午後0時10分、胃がんのため死去した。64歳だった。葬儀は家族葬として営まれる。

 兵庫県尼崎市出身。国立音楽大学作曲科在学中に演奏活動を始め、「プリズム」「ポンタ・ボックス」のメンバーとしても活動した。近年は東京交響楽団などオーケストラとの共演や、舞台の音楽監督としても活躍。名古屋音楽大学や母校などで後進の育成にもあたった。14年にがんを公表。ブログで経過を伝えながら活動を続けていた。今年7月には新しいトリオでのアルバムを発表。9月18日の東京都内での発売記念ライブが最後のステージとなった。