[PR]

 14日午後1時20分ごろ、滋賀県高島市の陸上自衛隊饗庭野(あいばの)演習場で、訓練中に発射した81ミリ迫撃砲の弾がそれて、国道303号脇に着弾した。アスファルトの破片などが40メートルほど離れた演習場外に停車していた乗用車にあたり、左後部座席の窓ガラスと窓枠が割れた。弾は実弾だったが、運転席の男性(71)にけがはなかった。岩屋毅防衛相は「申し訳ない。極めて深刻に受け止めている」と陳謝した。

 滋賀県警によると、着弾地点は、高島市今津町北生見の路面。防衛省によると、演習場の境界付近で、場内か場外か不明という。信太山(しのだやま)駐屯地(大阪府和泉市)の第37普通科連隊が14日午後1時15分ごろから30分間、81ミリ迫撃砲2門を使った射撃訓練をした。このうち1門は21発撃ったとみられ、1発が境界付近に着弾。ほかに2発の着弾地点が不明といい、15日朝から痕跡を探す。弾は重さ4キロ、全長約40センチ。破裂して周辺に金属片を飛び散らせ、人を殺傷する。

 陸上幕僚監部によると、弾は目標地点から北に1キロそれた。着弾を確認する役割の隊員もいたが、訓練終了後の県警からの連絡で、初めて事態に気づいた。訓練では、弾がそれても演習場内に収まるよう、目標区域の外側に安全区域を設定する。なぜ想定を外れたのか、陸自が原因を調べる。81ミリ迫撃砲は全国的に使用を見合わせる。

 岩屋防衛相は14日夜、記者団の取材に「けが人がいなかったのは偶然で、大きな被害につながったおそれがあった」と述べた。同日、山田宏政務官を現地に派遣。15日には幹部を集め、再発防止を徹底させるという。

 饗庭野演習場では2015年7月にも、銃弾1発が演習場外の3・5キロ離れた住宅の屋根を貫通する事故があった。

 今月7日には、青森県おいらせ町の住宅に航空自衛隊の大型トラックが突っ込む事故を起こしたばかりだった。(宮城奈々、古城博隆)