[PR]

 認知症の人を介護する家族が互いに支え合う「北海道認知症の人を支える家族の会」が1987年の創設から昨年、30年を迎えた。認知症の人を取り巻く状況や家族の悩みは30年で変わったのか。

 札幌市内で7日、同会主催の「『看取(みと)り』での経験を語る会」が開かれた。認知症の母を介護し、3年前にみとった江別市の女性が体験を披露。「笑いを多くするよう心がけた」としつつ、「言うことをわかってもらえず大きな声を出したこともある」と打ち明けた。「食から考える人の尊厳」と題したグループホームの施設長の講演もあり、家族を介護中の人ら約70人が熱心に耳を傾けた。

 「家族の会」では、認知症の人を介護中だったり、経験したりした人が互いに支え合う。会員数は昨年度時点で2516人と、ピークだった2000年度の5221人から半数を割り込んだ。介護保険法の改正に伴って06年度に設置された「地域包括支援センター」など、相談できる機関が増えたためとみられる。

 会の主要な活動の一つが相談業…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら