[PR]

 中世以来の環濠(かんごう)都市の雰囲気が残る大阪府堺市の旧市街地に11階建て賃貸マンションの建設計画が持ち上がり、町並み保存に取り組んできた周辺住民が反発している。開発業者は高さ変更などには応じない構え。市も対応に苦慮している。

 建設予定地は堺区綾之町西1丁の元パチンコ店跡地(612平方メートル)。大阪市の開発業者が取得し、今年8月にマンション建設計画を周辺住民に伝えた。高さ32メートルで、ワンルーム70室を設けるという。

 この地域は戦災を免れ、市によると、戦前までに建った町家が約280ある。市は2011年にまとめた景観計画で、「重点的に景観形成を図る地域」に指定。15年からは町家などの外観修復の補助制度を設けた。住民も協議会を結成して協力し、昨年度までに12件の修復を終えた。

 マンション建設計画について、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら