はみ出た荷物がホームドアに衝突 ホームにいた男性けが

[PR]

 14日午後4時47分ごろ、JR山手線代々木駅(東京都渋谷区)で、内回り電車(11両編成)が進入したところ、先頭車両のドアに挟まっていた荷物がホームドアに衝突した。衝撃で壊れた部品がホーム上にいた男性の足にぶつかり、男性は軽傷を負った。

 JR東日本東京支社によると、壊れたのは、ホームドアの一部のステンレス製の柵。縦75センチ、横10センチ、重さ3・4キロの部品がはじけ飛んだ。荷物の持ち主は立ち去ったため、何が挟まっていたのかはわかっていない。電車が直前の新宿駅を出発する際、車両側の安全装置はドアが閉まったと認識しており、挟まったものは薄いものとみられるという。