[PR]

 国営武蔵丘陵森林公園(埼玉県滑川町)の「紅葉見(もみじみ)ナイト」が連夜開催されている。カエデの木々がライトアップされ、昨年から約20万球増やした計約60万球のLED電球を使うアートイルミネーションが共演。紅葉は20日あたりが見頃と予想されている。12月2日まで。

 園中央口から都市緑化植物園までの約1キロで、木立や配置された人形などを電飾。途中のカエデ園では約20種類計約500本が赤や黄色、ピンク色などに色づく。暗がりの地上には、近くの大妻嵐山中学高校の美術部員が作った数百個のあんどんがともされ、幻想的な雰囲気に。

 植物園近くの「森の湖」では、LED電飾で表現された海賊船や竜が闇に浮かぶ。11月中は午後4時半から、12月は同4時から、いずれも午後8時まで(最終入場)。問い合わせは同園(0493・57・2111)へ。(西堀岳路)