[PR]

 幅広い世代から高い人気を誇る「世界の果てまでイッテQ!」が祭り企画を「でっち上げた」との報道を受け、日本テレビが謝罪した。バラエティーの演出のあり方や日テレの対応、視聴者の反応などをどう見るか。識者に聞いた。

お笑い評論家・ラリー遠田さん

 「やらせ」と「演出」の線引きは確かに難しいです。ただ、存在しない事実を事実とするような0を1にする行為は「やらせ」で、1を2や3にするのが「演出」というのが多くの作り手の認識だと思います。その上で演出がどこまで許されるかは視聴者との暗黙の了解によるので、番組の性質や出演者の好感度によって許容度も変わります。

 イッテQの疑惑について今回、世間には擁護する声が多い印象です。この番組がものすごく好感度の高い番組だからだと思います。また、この番組のポイントは出演者が体を張って何かにチャレンジするところ。その部分で疑惑が持ち上がっていたら、もっとたたかれていたでしょう。

 例えば、芸人イモトアヤコさん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら