【動画】万博について語る経済ジャーナリストの荻原博子さん=恵原弘太郎、半田尚子撮影
[PR]

 1970年の大阪万博の時は高校生でした。テレビや新聞で報じられた「太陽の塔」の印象が強いですね。私は行きませんでしたが、同居していた祖父が行きました。行くのに1日、帰るのに1日かけて。高校の歴史の教師だった祖父は普段は無口なのに、「すごい!」ってとにかく満足していましたね。

 当時の万博は戦争から復興し、少しずつ生活がよくなっていく中でのこと。会場で最先端の技術を見た人たちは、「日本も先進国の仲間入りをするんだ」という実感を持った。万博は明るい未来への架け橋だったと思います。

 だけど今、それが必要でしょうか。

 2020年の東京五輪が終われ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら