[PR]

 自民党の下村博文・憲法改正推進本部長は15日、改憲論議に消極的な野党を「職場放棄」と批判した自身の発言を撤回する考えを示した。東京都内で記者団に「野党のみなさんに非常に不快な思いをさせた。反省し、おわびを申し上げたい」と述べ、謝罪した。

 下村氏は野党の反発を受け、内定していた衆院憲法審査会の幹事の辞退を申し出た。しかし、野党の反発は収まらず、15日に予定されていた憲法審は見送られた。下村氏は憲法審の委員には就任する方針で、撤回・謝罪で事態の収拾を図れるかは不透明だ。

こんなニュースも