北方元島民ら「暗いトンネルの先に一筋の光」 日ロ合意

有料記事

神村正史、岡村夏樹
[PR]

 安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領が1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉を加速することで合意したことについて、菅義偉官房長官は15日午前の記者会見で「日ロ関係のさらなる進展に弾みを与える非常に有意義な会談だった」と述べた。

 安倍首相とプーチン氏は14日にシンガポールで会談。日本政府は従来、北方四島返還を求めていたが、首相は歯舞(はぼまい)群島、色丹(しこたん)島2島の先行返還を軸に交渉を進める方針に転換した。菅氏は会見で「領土問題を解決し、平和条約を締結する基本方針のもと、引き続き粘り強く取り組んでいきたい」と話した。

 安倍首相が自分とプーチン氏で解決すると語ったことについて、菅氏は「次の世代に先送りすることなく、両首脳の手で必ずや終止符を打つ強い意志が共有されたという発言だ」と述べ、安倍首相の任期の3年以内に平和条約締結をめざす考えを示した。

 北方四島の元島民らでつくる千島歯舞諸島居住者連盟の幹部は14日夜、北海道根室市で記者会見した。「暗いトンネルの先に一筋の光が見えた」「一歩前進」などと評価した。

 根室市在住の河田弘登志(ひ…

この記事は有料記事です。残り387文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!