[PR]

 花粉症やぜんそくを予防する仕組みを、国立成育医療研究センターなどのチームが見つけた。免疫の仕組みを利用し、マウスの実験では極めて有効だと確認された。もとになったのは、今年7月に亡くなった免疫学の世界的権威、石坂公成博士が30年以上前から温めていたアイデアだった。

 今回の技術は、免疫の基本的な仕組み「抗原抗体反応」を使った。病原体や異物が体内に入ると、免疫細胞が作った抗体が異物の表面のたんぱく質を目印にしてとりつく。

 アレルギー反応は、花粉や食べ物など本来無害な物質が体内に入り、抗体の免疫グロブリンE(IgE)に結合することで始まる。IgEはヒスタミンなどの刺激物質を出す細胞の表面にもあり、原因物質と結合すると、かゆみやくしゃみ、じんましんなどの症状を引き起こす。

 チームはIgEが体内に増える前に、胎児や新生児の時期にだけ出現し、IgEを生産する特殊な免疫細胞「mIgE陽性B細胞」に着目。その表面に現れるIgEに、人工的に作った抗体(抗IgE抗体)を結合させると、細胞自身が自殺する特性を利用した。

 mIgE陽性B細胞を除去しておけば、花粉などの原因物質に触れてもアレルギーを引き起こすIgEが作られない。このため、生涯にわたってアレルギー反応が起きない。

 従来の治療は、アレルギー体質になった後に対処するやり方だった。ステロイドを使って発症後にアレルギー反応による炎症を抑えたり、原因物質に慣れさせる「減感作療法」で悪化を予防したりする方法などだった。今回はアレルギー体質になる前に根元から原因を絶つ。

 IgEは本来、寄生虫やダニなどに対する防御機能として体に備わっている。だが、IgEは衛生的な生活を送る現代社会では不要な物質だ。花粉や食べ物などヒトに無害なものにも反応し、様々な症状を起こす。

 厚生労働省の検討会が9月にまとめた「免疫アレルギー疾患研究10カ年戦略」では、日本人の2人に1人が何らかのアレルギー疾患を抱えており、今も増えていると指摘。リスクが高い人に対し、「予防的・先制的治療」の重要性を盛り込んだ。今回の治療法がそうした治療の一つになると期待されている。

■妻照子さんとIgE…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら