[PR]

 今回は、水痘(水ぼうそう)と帯状疱疹(ほうしん)の原因ウイルスについてお話しします。水痘・帯状疱疹ウイルス(略称・VZV)は、一つのウイルスの名称です。

 水痘はこれまで免疫のなかった人が初めてVZVに感染して発症したものです。ワクチンが普及していなかった世代ではほとんどの人が幼少時に発症したことがあるのではないでしょうか。

 VZVは患者のしぶきが乾燥して空気中を浮遊する状態でも病原性を有しているため、空気感染します。患者から離れたところにいる人にも感染します。また病変部の水ぶくれの中の液からも接触感染します。感染してから発症するまでの潜伏期間は約2週間です。

 水痘の主な症状は発疹と発熱です。発疹は数日以内にほぼ全身に出現します。頭皮や、口の中などの粘膜にも出ることがあります。発疹は3~5ミリ程度の赤みを帯びた盛り上がり(丘疹)から水ぶくれ(水疱(すいほう))となり、うみがたまった状態(膿疱(のうほう))を経てかさぶた(痂皮(かひ))へと変化していきます。

 典型的なものは発疹のみでほぼ診断が可能です。発疹は新しい丘疹から古くなった痂皮まで同時にみられることが特徴ですが、治癒判定は全ての発疹がかさぶたになった時点です。通常、発症から1週間程度で治癒に至ります。発症している間、微熱程度は出ることが多いです。

 水痘は治療しなくても自然に軽快することがほとんどです。症状を軽くする効果のある抗ウイルス薬もありますが、発症後2~3日以内に開始しないと効果が期待できないため、発症したら早めにかかりつけ医を受診し、治療する必要性があるかどうか相談して下さい。以前ワクチンを接種したことがあっても、特に1回のみの場合にはウイルスに感染し、軽い症状が出ることがあります。水痘は学校感染症で、発症している間は出席停止扱いになります。

 合併症としては、発疹部での黄色ブドウ球菌などの細菌による二次感染が多く、気管支炎、肺炎を起こすこともあります。まれに中枢神経合併症として髄膜炎や脳炎が起こることがあり、その場合頭痛、嘔吐(おうと)、体がふらふらする、といった症状が現れます。新生児、成人、妊婦、免疫抑制状態にある人がかかると、より重症化するリスクが高く、注意が必要です。

 水痘にかかっている最中にアスピリンなどの特定の解熱鎮痛剤を使用すると、急性脳症・肝障害を起こす「ライ症候群」になるリスクが高くなることが知られています。水痘になった時の解熱鎮痛剤使用については、必ず医師・薬剤師の指示に従って下さい。

 水痘にかかったことのない未罹患(りかん)者が水痘に接触した場合、72時間以内にワクチンを接種し、発病の回避あるいは軽症化を試みるという方法もあります。免疫不全状態の人が感染者に接触、あるいは発症してしまった場合については、対策について早急に主治医とご相談下さい。

 2014年10月1日から水痘ワクチンも任意接種から定期接種に変更されました。2回接種で、1回目の接種は生後12カ月から可能です。2回目の接種は、標準で1回目の接種後6カ月~12カ月経過した後に行います。今後水痘患者数の減少が期待されています。

 VZVは水痘が治った後も私たちの末梢(まっしょう)神経の奥深くにある感覚神経節に潜伏しています。通常は免疫機構により発症が抑え込まれていますが、ストレス、疲労、病気などの免疫力低下をもたらす原因があると、一部の神経節から、その神経を通じてつながっている皮膚の表面に出てくることがあります。これが帯状疱疹です。

 水痘未罹患者が帯状疱疹に触れた場合は水痘を発症します。帯状疱疹は治った後もその場所に神経痛が残ることがあるので、発症したら早期の治療をお勧めします。

<アピタル:弘前大学企画・今こそ知りたい! 感染症の予防と治療>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/hirosaki/(弘前大学医学部付属病院小児科講師 佐々木伸也)