[PR]

 判断能力が衰えた「独居」「老老」世帯が急増する超高齢社会。支援の核となるのが成年後見制度だが、その利用には様々な「壁」がある。一部の自治体は家庭裁判所との連携や、声をあげにくい独居高齢者らのニーズの掘り起こしなどに動き始めている。(中村靖三郎、高橋健次郎、編集委員・清川卓史

 成年後見人を選ぶのは家庭裁判所。だが裁判所は「気軽に相談できるところ」とは言いがたい。制度の利用を促すため、自治体が司法と連携して申し立てのハードルを下げようとする試みがある。

 「申し立ての注意点をお伝えしておきます。誰を後見人に選ぶかは裁判所が判断をするので、必ずしも希望通りの方が選ばれるわけではありません」

中核機関
成年後見制度の利用を促すために必要とされる、様々な関係団体の地域ネットワークの中核を担う機関。家庭裁判所をはじめ、弁護士会などの専門職団体、医療福祉関係団体などと連携し、相談対応や後見人候補の調整といった役割を果たす。国の基本計画では、市区町村が直営か委託で運営することが求められている

 10月、大阪市立社会福祉セン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら