[PR]

 首都圏に住む人たちに三重県桑名市の魅力を売り込もうと、市が在京メディアを集めたトークイベントを東京・丸の内で開いた。映像・音楽ソフト制作の大手、ポニーキャニオン(PC)と組んで仕掛けるPR作戦の第1弾。「行政が一番苦手としている部分」(市幹部)をプロデュースのプロに任せた格好で、PC側は「高級感ある桑名を演出したい」と話す。

 10月25日夕。東京駅前にある新丸の内ビルの飲食店に、雑誌などのメディア関係者ら約30人が集まった。「VERY」「STORY」「食楽」……。30~40代を読者層に持つ雑誌の編集者らが並ぶ前で、事前に桑名への1泊2日の旅をした京都在住の作家柏井壽(ひさし)さんが、伊藤徳宇市長に桑名のハマグリを絶賛した。

 「しゃぶしゃぶ、フライ、コロッケ。ずーっとハマグリばっかり食べてた。僕は完璧にやられました」

 ハマグリが旬を迎える桑名の6…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら