[PR]

 国内の航空会社8社が、パイロットの乗務前の飲酒検査にアルコール検知器を使っていなかった。アルコール基準は各社まちまちで、精度の低い検知器を使っている社も多い。大勢の命を預かる立場なのに、なぜ対応が緩いのか。専門家は、厳格な対応を求めている。

 「車で出勤している以上は飛行機を運航しても大丈夫だという前提がある」

 オリエンタルエアブリッジでは…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら