写真・図版

[PR]

患者を生きる・食べる「嚥下障害」(4)情報編

 病気や加齢などが原因で、食べ物をかむ力やのみ込む力が低下することがある。食べ物を認識して口の中でかみ砕くことや、舌を使ってのどに移動させたり、のどから食道、食道から胃へと運んだりすることがうまくできない状態を「摂食嚥下(えんげ)障害」という。

 連載で紹介した加々井裕子さん(62)のように脳出血や脳梗塞(こうそく)などが原因で、のどを動かす神経に大脳からの指令が届かないようになることで、障害が出ることがある。ただし、のみ込む機能がいったん低下した場合でも、リハビリを続けることで回復が見込めることもある。

 東京医科歯科大摂食嚥下リハビ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら