[PR]

 自民党の伊吹文明元衆院議長は15日、所属する二階派の会合で、同党の下村博文・憲法改正推進本部長が改憲論議に消極的な野党を「職場放棄」と批判したことについて「慎まないといけない」と苦言を呈した。

 伊吹氏は「理念が安倍さんと一緒というだけでポストについても物事は進まない」とした上で、「各党に話し合いの場へ出てもらうことをやるのは最大会派の責任。これを乱すことはやっちゃいけない」。さらに「失敗をしても野党との間に信頼関係と人脈があれば、国会でもあまり追及されない」と野党との日頃からの関係構築の大切さを説いた。