【動画】イッテQ問題について謝罪する日本テレビの大久保社長=林紗記撮影
[PR]

 日本テレビのバラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」が、番組のために作られた催しを地元の祭りとして紹介していた問題で、日テレの大久保好男社長は15日、「企画について疑念、ご心配をおかけする事態となった。おわび申し上げます」と謝罪した。祭り企画を当面休止することも発表。「制作陣に(やらせの)意図はなかった」と説明する一方、企画全体について調査していることを明らかにした。

 会長を務める日本民間放送連盟の定例会見で自ら言及。企画に疑念が生じた理由について「(番組を)見直すと、制作陣が祭りの企画の解釈を拡大しすぎて、視聴者の皆様が祭りという名前でイメージするには無理があるものまで、祭りとして扱うようになったため」だとの認識を示した。

 番組のために「祭り」が催されたことは「やらせ」に当たるのではないかと記者から問われると、「批判については真摯(しんし)に受け止めたい」とし、明言を避けた。

 芸人らが各国の祭りに参加する企画は人気シリーズで、すでに111回放送された。大久保社長は「可能な限り調査するのは当然」との意向を示し、企画の休止期間については「自信を持ってお届けできる態勢が整うまで」と答えた。

 週刊誌が疑惑を報じた後の対応に問題があったことも認めた。当初日テレは「番組サイドから企画したり、セットを提供したりした事実はない」との見解を出したが、番組サイドという言葉が「日本テレビのプロデューサーやディレクターなど狭く限定した表現であって、誤りです」として見解を訂正。社外に制作協力者がいても「放送責任は全て日本テレビが負うもの」だと述べた。