[PR]

 福岡県豊前市の京築広域圏消防本部の採用試験で、特定の受験生を採るよう幹部職員に働きかけたとして、県警は15日、同県築上町議の吉元成一容疑者(61)=築上町安武=を地方公務員法違反(そそのかし行為)の疑いで逮捕し、発表した。認否は明らかにしていない。

 捜査2課によると、吉元町議は9月以降、同消防本部で採用試験に関わる幹部職員に対し、特定の受験生を採用するように、そそのかした疑いがある。

 同消防本部は築上町など1市4町で構成され、京築広域市町村圏事務組合が運営。吉元町議は事務組合の消防委員会の委員長で採用権限はないが、幹部職員に「どんな成績でも採用してくれ」という趣旨の依頼をしていたという。

 関係者によると、受験生は男子高校生。10月14日に行われた教養試験や体力測定の1次試験を受けたが、落ちたという。

 吉元町議は、合併前の旧築城町時代に町議に当選。議長を務めていた2001年、実質的に町内に住んでおらず被選挙権がないとされ、議員を失職した。合併後の築上町議は4期目。(島崎周、小浦雅和)