[PR]

 男女雇用機会均等法の成立から4年後の1989年、「待ってるだけのお姫さまはもう古い!」のキャッチコピーで横浜市の女性たちが発刊し、その後絶版状態になっていた児童書「アリーテ姫の冒険」が、今月復刊された。いまだ男女差が残る社会の中、復刊に携わった人たちは「あなたはあなたらしく生きていいよ」と再び子どもたちに伝えたいという。

 同書は、イギリスの小学校教師ダイアナ・コールスさんが83年に出版した。宝石と引き換えに魔法使いと結婚させられた「賢い」王女アリーテ姫が、王子様の助けを待つのではなく、魔法使いが出す三つの難題を自ら解いていく物語だ。

 出版翌年、海外研修でロンドンを訪れた横浜市在住の女性のグループが同書を手に取った。「子どもにもわかるフェミニズムの本だ」と持ち帰り、日本の出版社を回るも、「賢い女の子ではウケない」「お姫様は金髪の美人でないと」と難航した。

 だが、89年、女性の就労支援…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら