[PR]

 第37回全日本小学校バンドフェスティバル(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)が17日、大阪市の大阪城ホールで開かれる。県内からは生駒市立あすか野小と河合町立河合第三小が出場。演奏形態や演技、衣装に趣向を凝らし、全国の舞台に挑む。

 出場15回目のあすか野はマーチングで大河ドラマ「龍馬伝」の曲を奏でる。黒船を描いたパネルと坂本龍馬の写真の前で、V字形に並んで楽器を構えフィナーレ。壮行会の演奏に保護者らが拍手を送っていた。

 出演者は26人と少ないが、幕末の動乱を思わせる迫力ある音づくりに力を入れた。顧問の山本浩司先生(43)の歴史好きが高じ、演出も多彩だ。衣装は黒船で来航したペリーをイメージ。演奏台や旗などの道具を多用しながら様々な隊形で行進し、黒船や薩長同盟などを表現する。

 フリューゲルホルンなどを担当…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも