[PR]

 サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏が在トルコのサウジ領事館で殺害された事件で、米財務省は15日、「嫌悪すべき殺害に関与した」としてサウジ当局者ら17人に経済制裁を科すと発表した。ただ、関与が疑われているムハンマド皇太子への言及はなかった。

 制裁対象になったのは、ムハンマド皇太子の元側近で王室顧問だったサウド・カハタニ氏や、皇太子の元警備担当、在イスタンブール総領事ら17人。米国内の資産が凍結され、米国人との商取引が禁じられる。カハタニ氏は作戦の立案、実行に関与したとして、主犯に位置づけた。

 サウジやトルコと協議してきたポンペオ米国務長官は声明で「今日の行動はカショギ氏殺害への対応で重要な一歩だ」とし、「全ての事実を追求する」と述べた。

 ただ、今回の制裁対象者のほぼ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら