サイバー戦、自衛権行使どうなる? 初代防衛隊長に聞く

有料記事

聞き手・佐藤武嗣
[PR]

 日本の「サイバー防衛隊」とはどんな組織なのか。米国はいま、どのようなサイバー戦略をとっているのか。防衛隊の初代隊長だった佐藤雅俊・ラック・ナショナルセキュリティ研究所長と、米国防総省勤務のほか、米軍などの顧問も務めた米国の第一人者、ピーター・シンガー氏に聞いた。

 ――サイバー防衛隊発足の意義は何ですか。

 「サイバー防衛隊は防衛相直轄の部隊で、主要な任務は外部からのサイバー攻撃に対する、防衛省・自衛隊のネットワークシステムの防御だ。発足後はその能力を高めることに心血を注ぎ、防御はかなりのレベルにあると自負している。しかし、自民党の提言にあるような『攻撃能力』については、相手を特定して攻撃するには様々な制約があり、課題が多い」

 ――どういうことでしょうか。

 「国会で政府は『武力攻撃の…

この記事は有料記事です。残り2117文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!