[PR]

【まとめて読む】患者を生きる・食べる「嚥下障害」

 東京都三鷹市の加々井裕子(かがいひろこ)さん(62)は、脳出血が原因で口から食べることができない嚥下(えんげ)障害を抱えることになりました。料理が大好きだった加々井さん。「もう一度、食べたい」という一心で続けたリハビリが、約4年を経て実を結びました。

脳出血で倒れ、胃ろうに

 東京都三鷹市の加々井裕子さん(62)は、「あいうえお」の50音が書かれた文字盤に人さし指を一つずつ置いて言葉を紡ぐ。

 「わたしにとって、たべるということが、いきるということ、そのものなのです」

 2010年8月。長男真義(まさよし)さん(35)が運転する車で長野県に向かう途中、裕子さんは高速道のパーキングエリアでトイレに入った。20分ほどしても、車に戻ってこない。同乗していためいが見に行くと、扉が閉まっている個室が一つだけあった。施設の職員に開けてもらうと、裕子さんが床に倒れていた。

 救急搬送された総合病院で、大脳右側の被殻(ひかく)という部分に脳出血を起こしていることがわかった。元々血圧が高く、07年にも脳出血を起こしたことがあった。そのときは症状が比較的軽く、海外旅行に行けるまで回復していた。

 しかし、今回は意識がなかなか戻らなかった。医師は脳出血で神経が損傷し、食べ物をのみ込めない状態だと説明した。夫信義(のぶよし)さん(64)が「食べられないままだと命は大丈夫ですか」と聞くと、医師は「胃に直接栄養を送る『胃ろう』を作りましょう」と話した。

 意識を取り戻したのは約1週間後だった。間もなくして、おなかに小さな穴を開ける「胃ろう」をつくる手術を受けた。左半身のまひに加え、言葉をうまく出せない障害も残った。

 一家3人で食卓を囲むのが何より好きだった。食材の産地や料理の方法などを話しながら食事するのが楽しかった。脳出血で倒れて口から食事が出来なくなっても、入所した介護施設で料理の本を眺めながら過ごした。調味料の配合を見て、料理の味を想像した。

 「加々井さん、どんなものを食べたい?」。職員に聞かれると、「うなぎがたべたい」「けーきがたべたい」と文字盤を指した。

 信義さんは「状況によっては胃ろうを外すことができるかもしれない」という医師の言葉を、心の支えにしていた。「なんとか口から食べさせてあげたい」

 食べたりのみ込んだりする摂食嚥下(えんげ)のリハビリに力をいれている施設に裕子さんを移すことにした。

リハビリ経て「きざみ食」

 東京都三鷹市の加々井裕子さん(62)は、脳出血の後遺症で口から食べられない摂食嚥下(えんげ)障害を抱えていた。2012年4月、裕子さんは摂食嚥下のリハビリに力を入れている介護老人保健施設「池袋えびすの郷」(東京都豊島区)に入った。

 定期的に施設を訪問している東京医科歯科大摂食嚥下リハビリテーション外来診療科長の戸原玄(とはらはるか)さん(46)の診察を受けた。鼻から内視鏡を入れて調べたところ、のどでのみ込む機能は残っていたが、食べ物をのどに送り込む舌の力が弱いことがわかった。重い障害だったが、少しずつリハビリをして経過をみることにした。

 唇の周りの筋肉を鍛えるために「パパパ」と発声を繰り返した。また、鼻から息が漏れないようにするため、水を入れたコップにストローでブクブクとはき出すリハビリを毎日繰り返した。「もう一度食べたい」という一心だった。夫信義さん(64)も昼休みに職場から駆けつけ、縮まった舌を引っ張るリハビリを手伝った。

 ゼリーを口から食べることから始めた。半年後、ケーキを食べられるかを試したが、口に含んだだけでのみ込めなかった。地道にリハビリを続けると、かむ力がわずかに改善した。ミキサーをかけてとろみを付けたものを食べるなど慎重に進めていった。

 裕子さんは力が入らないので舌が上がりにくく、食べ物を口の奥に送るのが難しかった。施設の常務理事で歯科医師の平井知佐子(ひらいちさこ)さん(50)は、その難点を補うため、上側の入れ歯の口蓋(こうがい)の部分を厚くした。そうすることで舌が上あごにつきやすくなり、のみ込みやすくなった。

 14年9月、普通の食事を素材別に細かくした「きざみ食」が3食とも食べられるようになった。障害が出てから約4年。煮物などの軟らかいものから、から揚げなど歯ごたえがあるものにも挑戦していった。好物のうなぎを食べると、満面の笑みを浮かべた。

 「たべられたことのかんどうは、ほかにありません。りはびりをささえていただいたことに、かんしゃしても、しきれないくらいです」。発話が難しい裕子さんは、文字盤を人さし指で力強く指した。

2人で食事「おいしい」

 脳出血の後遺症で口から食べることができなくなった、東京都三鷹市の加々井裕子さん(62)は懸命なリハビリを続け、発症から4年で食事を細かくしたきざみ食を食べられるまでに回復した。2015年3月には、胃に直接栄養を送る胃ろうも外した。

 入所していた介護老人保健施設「池袋えびすの郷(さと)」(東京都豊島区)で当時担当していた、言語聴覚士の末永俊輔(すえながしゅんすけ)さん(42)は体のストレッチや、声を出すのも嚥下(えんげ)機能の回復に良いと考えた。裕子さんは言葉を発することが難しく、文字盤を一文字ずつ指す方法でコミュニケーションをとっていた。「本を声に出して読んでみましょう」と一緒に読み、ゆっくり雑談もするようにした。

 食事が全部食べられるようになったという話題になり、末永さんが「よかったですね」というと、「うれしい」といった。簡単な言葉は口から出るようになり、末永さんは「表情が生き生きとして、笑うことが増えてきたな」と実感した。

 17年10月、施設を出て自宅に戻った。定年退職した夫信義さん(64)が、左半身にまひが残る裕子さんに代わって家事を担う。

 「今日はカマスの塩焼き、明日はイワシの梅煮だな」。朝一番で近所のスーパーに行き、2人の好物の新鮮な魚を見つけると、帰ってすぐに報告する。裕子さんは「そのはなしをきくのが、たのしみなんです」と文字盤を指さしながら笑う。

 魚はほぐし、麺やおかずは食べやすいように刻み、2人で同じものを食べる。「しゅじんがつくるものは、ぜんぶおいしいです」

 舌を鍛えたり、ほおの筋肉を動かしたりするリハビリは、信義さんが手伝いながら続けている。裕子さんが施設のショートステイを利用する間、信義さんは泊まりがけで北アルプスに登る。気分転換も心がけている。

 裕子さんは最近、信義さんの転勤先の大分県で暮らした時のことを思い出す。長男真義さん(35)はまだ3、4歳で、慣れない土地で家族3人で支え合った。

 「あのときに、いまのかぞくのきそがつくられたんだとおもいます。いま、すごくしあわせです」

情報編:横の連携でリハビリ推進

 病気や加齢などが原因で、食べ物をかむ力やのみ込む力が低下することがある。食べ物を認識して口の中でかみ砕くことや、舌を使ってのどに移動させたり、のどから食道、食道から胃へと運んだりすることがうまくできない状態を「摂食嚥下(えんげ)障害」という。

 連載で紹介した加々井裕子さん(62)のように脳出血や脳梗塞(こうそく)などが原因で、のどを動かす神経に大脳からの指令が届かないようになることで、障害が出ることがある。ただし、のみ込む機能がいったん低下した場合でも、リハビリを続けることで回復が見込めることもある。

 東京医科歯科大摂食嚥下リハビリテーション外来診療科長の戸原玄さん(46)は「適切なリハビリにつなげるためには、まずは嚥下の機能を正確に診断することが大切だ」という。嚥下内視鏡検査は鼻から細い内視鏡を入れて、実際に水分や食べ物をのみ込みながら、のどに送り込まれる様子を観察する。嚥下造影検査は、バリウムなどの造影剤をのみ込む様子をエックス線透過装置で見る。口の中からのど、食道に至るまで広い範囲で見ることができる。

写真・図版

 嚥下リハビリでは、口の周りの筋肉を動かしやすくする目的で、ほおや首の周りをマッサージしたり、口を大きく開けてのみ込みに使う筋肉を鍛えたりする。舌の力が弱い場合には、舌を突き出したり引っ込めたりを繰り返して、舌が動く範囲を広げることを目指す。全身の筋力が落ちていると姿勢が傾き、気管に食べ物が入る「誤嚥(ごえん)」のリスクも高まるため、背筋を伸ばしたり、腕を上げたりするストレッチなども有効だ。

 口から食べる機能を取り戻すため、多様な専門職が連携する取り組みも広がりつつある。介護老人保健施設「池袋えびすの郷(さと)」(東京都豊島区)では毎週、歯科医師や歯科衛生士、言語聴覚士や栄養士、介護職員らが集まり、嚥下障害がある入所者、一人ひとりのリハビリ方針を検討する会議「ミールラウンド」を開いている。

 同施設の常務理事で歯科医師の平井知佐子さん(50)は、「口からおいしく食べるということは、生活の楽しみというだけでなく、健康状態の改善にもよい影響を与える」と話す。

 ◇ご意見・体験は、氏名と連絡先を明記のうえ、iryo-k@asahi.comメールするへお寄せください。

<アピタル:患者を生きる・食べる>http://www.asahi.com/apital/special/ikiru/(佐藤建仁)