8月に53歳で亡くなった漫画家さくらももこさんをしのぶ「さくらももこさん ありがとうの会」が16日、東京都港区の青山葬儀所で開かれ、約1千人の関係者が参列した。

 アニメ「ちびまる子ちゃん」で主人公まる子役を務める声優のTARAKOさんがあいさつに立ち、声を詰まらせながら「私の人生の半分は、まる子ですね」「これからみんなでがんばって、ももこ先生の世界をつなげていくことが私たちの使命」などと語った。

 友人で俳優の賀来千香子さんも「病気でつらさを抱えながら、人を楽しませるのは大変だったでしょう」と語りかけ、作家の吉本ばななさんは「涙ではなく、笑顔で彼女の偉大さを思い続けましょう」などと感謝の言葉を述べ、歌手の桑田佳祐さんはアニメ「ちびまる子ちゃん」のエンディングテーマ曲だった「100万年の幸せ!!」を歌った。

 祭壇にはさくらさんの自画像が飾られ、周囲には漫画「ちびまる子ちゃん」のまる子やたまちゃんらキャラクターのパネルや、さくらさんが好きだったダリアやトルコキキョウなど3万本の花が飾られ、さくらさんの出身地にちなんで静岡おでんが来場者に振る舞われた。