[PR]

 札幌証券取引所の新興企業向け市場に上場するRIZAP(ライザップ)グループ株は、16日も朝から売り注文が広がり、午前の取引時間中は値がつかなかった。値幅制限いっぱいとなる前日終値より80円(約23%)安の265円の「ストップ安」気配となった。

 同社は14日、2019年3月期通期の業績予想を修正し、純損益と営業損益が赤字転落となる見通しを発表。M&A(企業合併・買収)による拡大路線に急ブレーキをかけざるを得なくなった。