[PR]

 日本フットボールリーグ(JFL)「テゲバジャーロ宮崎」がJリーグに参入した場合、宮崎市がホームタウンになることが決まった。市は今後ホームページや広報誌のPRなどでチームを支援する。テゲバジャーロはスタジアム建設予定地の新富町と宮崎市を拠点にJリーグをめざす。

 クラブ側がホームタウンとしての承認を求め、市が10月に承諾した。

 J参入にはホームスタジアムや練習場などを整備して「百年構想クラブ」に認定される必要がある。ホームタウンでの集客能力も認定の判断材料の一つ。同クラブは県内一の人口規模を誇る宮崎市と新富町の2市町を本拠地として11月末にJリーグに認定申請を行う。

 テゲバジャーロの柳田和洋代表…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら