[PR]

 化粧品大手のポーラ(東京)が発表した「ニッポン美肌県グランプリ2018」で、群馬が3年連続で全国最下位となった。グランプリが始まった2012年以降、最下位が5回、46位と44位が各1回と低迷。ポーラは、乾燥した気候や生活習慣などが関係しているとみている。

 昨年9月~今年8月の1年間、全国で女性の肌状態をチェックした約56万4千件のデータを分析。肌の潤いやキメ、毛穴、しわ、くすみ、シミ、ニキビ、マイクロダストの8項目を評価し、都道府県別に偏差値を算出した。

 群馬の今年の偏差値は19・57で、昨年の20・57よりも下落。過去7年で最も低かった。46位の大分(偏差値25・28)や45位の茨城(38・98)にも引き離された。

 ポーラによると、群馬は水蒸気…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら