[PR]

 沖縄県うるま市の特産素材を使ったスイーツが続々と誕生している。同市では2012年度から一括交付金を活用した事業を通して特産資源を生かした商品開発を進める。スイーツ以外の商品も含めて、初年度は4品だったが、5年で30品までに増加。小規模事業者が開発や販売を担う。各店舗やうるマルシェなどで販売。大手流通に乗せずに地域で展開することで、新たな観光資源としても期待が高まる。

 「おやつの実Lafra(ラフラ)」(市宮里、宮里由梨代表)は、市特産の黄金芋やローゼル、アーサなどを使ったクッキーを製造する。6種類を詰め合わせ「おかしなオードブル」と命名。ヤンバルクイナや石敢當、ハイビスカスなどでかたどり、お盆や正月などの親族行事で人気のオードブルに見立てた。

 宮里代表は「ホームページなどでの販売はなく、地域に根差した形でやっていく。年度内に300個売り上げたい」と意気込む。

 仏料理レストラン「BBR」(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら