[PR]

 サッカーの国際親善試合キリンチャレンジカップが16日、大分市の大銀ドームで行われ、日本代表(世界ランキング50位)が1―1でベネズエラ代表(同29位)と引き分けた。森保監督が就任してからの連勝は3で止まった。

 日本は前半39分に、FKのクロスを酒井(マルセイユ)がボレーで合わせて先取点を奪ったが、後半36分にPKを決められて追いつかれた。

 日本の先発は以下の通り。

 ▽GK シュミット(仙台)▽DF 佐々木(広島)吉田(サウサンプトン)酒井(マルセイユ)冨安(シントトロイデン)▽MF 柴崎(ヘタフェ)遠藤(シントトロイデン)中島(ポルティモネンセ)南野(ザルツブルク)堂安(フローニンゲン)▽FW 大迫(ブレーメン)

「勝ちきりたかった」

 日本・森保監督 「選手たちがなかなかアップもできないなか、最善の準備をしてくれた。追加点を奪って勝ちきりたかったが、そこは課題」