[PR]

 カピバラたちに温まってもらおうと、石川県能美市徳山町のいしかわ動物園で17日、毎年恒例のカピバラ湯がオープンした。

 この日は、能美市観光物産協会から地元特産の「国造(こくぞう)ゆず」が、近くの辰口温泉観光協会から温泉が贈られた。温泉を入れた浴槽にはユズが浮かべられ、職員が白菜やカボチャなどで誘うと、母と娘のカピバラのメス4頭が次々とお湯に入った。肩までお湯につかったり、打たせ湯を頭にあてたりして、気持ちよさそうにしていた。

 カピバラ湯のオープンセレモニーに参加した市立国造保育園の高橋咲歩(さほ)さん(5)は「お湯につかりながら餌を食べているところがかわいかった」。カピバラ湯は4月上旬までの午前11時~午後3時。(沼田千賀子)