サウジへの責任追及、緩めぬトルコ 中東での主導権狙う

有料記事

イスタンブール=其山史晃
[PR]

 サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏がトルコのサウジ総領事館で殺された事件で、米中央情報局CIA)が殺害を命じたのはサウジのムハンマド皇太子だったと結論付けたとの報道は、皇太子を「真犯人」と示唆してきたトルコへの追い風になる。責任追及の手を緩めないトルコには、中東での主導権を握る狙いがありそうだ。

 イスタンブールで16日、カ…

この記事は有料記事です。残り1280文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!