聖地で見せた日本ラグビーの理想 見えた強豪との差

有料記事

能田英二
[PR]

 (17日、ラグビーテストマッチ 日本15―35イングランド)

 スペースを見つけて、素早くボールを運ぶ。聖地・トゥイッケナムに集った8万1151人の観客に、日本は前半、めざすラグビーを披露した。

 10―10の同点で迎えた前半31分のトライに「らしさ」が詰まっていた。左の大外をラファエレと福岡の息の合ったパス交換で駆け上がった。防御を引きつけてから、右へ展開。WTB山田は2人に体を固められながらもリーチに渡してトライにつながった。一連の攻撃を山田は「最後までコミュニケーションが取れた。チームとしてもいいトライ」と振り返った。

 2週間前、若手主体のニュー…

この記事は有料記事です。残り592文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!