[PR]

 目の前にあるのは、憧れた大都会ではなく、砂漠のように乾いた大地だった。

 米国と接するメキシコ北部ティフアナ。ホンジュラス出身のホセ・ガルシアさん(20)は国境の壁によじ登り、30分ほど向かい側の景色を見つめた。初めて見た米国は頭で描いた像とは違ったが、感慨深い。「やっとここまで来た。向こうに行けば違う人生があると思い、うれしくなった」

 米国への移住を目指し、中米ホンジュラスを「移民キャラバン」が出発して1カ月。徒歩やバスなどで移動し、13日から第1陣がティフアナに到着し始めた。

 約4500キロを移動した彼らの前に、高さ6メートルほどの国境の壁が立ちはだかる。米側では10月末から国境警備が強化され、約5200人の米兵が任務に就いた。壁の上には鉄条網も設置された。「強制送還されたくない。違法ではない形で国境を越えたい」というガルシアさんの願いが、かなうのかは、わからない。

【動画】移民キャラバンに同行、米国へ向かう背景を解説

 数日前に着いたホセ・ネミアス…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら