[PR]

 サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏の殺害事件に関する米中央情報局(CIA)の報告書について、トランプ米大統領は17日、「彼ら(CIA)はまだ何も判断していない」と述べた。カリフォルニア州で記者団に語った。報告書ではサウジのムハンマド皇太子の関与が指摘されるかが焦点だ。

 複数の米メディアは16日に「CIAは皇太子が殺害を命令したと結論付けた」と報じている。トランプ氏は17日にCIAのハスペル長官らから事件の説明を受けたといい、20日までに完全な報告書を受け取ると記者団に語った。報告書の内容について「誰が事件を引き起こし、誰が実行したかが含まれる」とし、皇太子の関与について「可能性はある。見てみよう」と述べた。

 トランプ政権にとってサウジは、イランを封じ込めるための中東での要になるとともに、米国の最大の武器輸出国でもある。トランプ氏はこの日も「サウジは雇用や経済の観点からも非常にすばらしい同盟国だ。私は大統領として、多くのことを考慮しなければならない」と語った。(ワシントン=杉山正)