[PR]

 電車内や飲食店で赤ちゃんが泣いている時、「大丈夫だよ、気にしないで」と伝えたい――。そんな思いから生まれた「泣いてもいいよ!」のステッカーに、14県の方言バージョンが登場した。11月19日の「いい育児の日」に合わせて配布を始めた。

 赤ちゃんのイラストの横に「泣いてもいいよ!」と声かけする吹き出しが描かれたステッカーを配布する「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」は、ネットメディアを運営する「エキサイト」(東京)が2016年に始めた。スマートフォンの裏側やパソコンなどに貼って、親たちに赤ちゃんを見守っているよというメッセージを伝える。

 このプロジェクトに今年5月、岩手、長野、三重など14県の知事でつくる「日本創生のための将来世代応援知事同盟」が賛同。17年に「泣いてもええんやに!」のご当地ステッカーをつくった三重県に続き、各地の方言でステッカーをつくることになった。できあがったのが「泣いでもかまぁねぇよ!」(岩手県)、「泣いたちかまんきね!」(高知県)、「泣いてもええっちゃ!」(山口県)などのステッカーだ。

 14県は昨年から、子育てを社会全体で応援しようと、11月19日をいい育児の日と定め、親子向けのイベントを開いたり、飲食店などで割引サービスを受けられたりするキャンペーンを展開している。今年はいい育児の日に合わせ、方言ステッカーの配布を各県で順次始める。配布方法は県ごとに異なるが、県の催しで配ったり、県庁や出先機関に置いたりするという。

 エキサイトによると、WEラブ赤ちゃんプロジェクトを応援する人がクリックする「賛同者数」は今月、3万件を突破。「赤ちゃんは泣くのが仕事。優しい気持ちで見守りましょう」(30代男性)、「むかし子育てしたときに多くの人に助けてもらった。今後は自分の番」(50代女性)といったコメントが寄せられている。(岡林佐和)

     ◇

泣いでもかまぁねぇよ!(岩手県)

泣いてもいがすと~!(宮城県)

泣いでもさすけね!(福島県)

泣いてもいいよ↑(茨城県)

泣いてもいいじ!(長野県・中信地域)

泣いてもええんやに!(三重県)

泣いてもかまへんよ!(滋賀県)

泣いてもいいだで!(鳥取県)

泣いてもええんでぇ!(岡山県)

泣いてもええんよ!(広島県)

泣いてもええっちゃ!(山口県)

泣いてもええんじょ!(徳島県)

泣いたちかまんきね!(高知県)

泣いてもいっちゃが!(宮崎県)