[PR]

 中国で外国人の銀行口座開設が難しくなった。かつては窓口でパスポートを出せばすぐだったが、10月の着任後、銀行に行くと、「手続きを厳格にするよう通達が出た。犯罪に使われる口座が多いから」と断られた。約1カ月かかる現地の居留許可手続きを終えないと、仕事で滞在するとの証明が不十分で、開けないのだという。

 11月。居留許可を得て再び銀行へ。通達後初の事例らしく「きっちりした確認」について行員同士が議論を始めた。様々な書類を見せたが、紙だけでは会社の存在確認にならないそうで、責任者2人が車で30分の瀋陽支局まで見に行くことに。

 道中「大変ですね」と声をかけると、「日本はきっちりしていて経済もいい。中国も今、いろいろ改善中です」と言う。支局で看板の写真を撮り、帰路についた。

 きまじめな行員でも往復1時間…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース