[PR]

 喜劇俳優の芦屋小雁さんは今年6月、認知症であることを公表しました。今秋からは啓発に汗をかいています。自身のコミカルなイメージを生かした肩ひじを張らない活動について、「これが第二の仕事」。楽しみながら社会とつながる姿が印象的です。

 10月最後の土曜日の京都。小雁さんは認知症の理解を広めるリレーマラソン「RUN伴(とも)」に参加した。青いジーンズに、仲間とおそろいのオレンジのTシャツ姿。観光客であふれる新京極通りを数百メートル走り、ゴールのテープを切った。

 「皆さんのお顔を見ながら、うれしいと思っておりました。こういうのを、なんべんもやりたいですね」。マイクを握ってあいさつした。

 妻の勇家(ゆうか)寛子さん(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら