[PR]

 宇都宮市は、大人の行動規範として「子どもの手本となる50の言葉」を選定した。同市が取り組む「社会総ぐるみによる人づくり」を進めるのが狙い。24日に市立南図書館で開く「人づくりフォーラム」で公表する。

 同市は児童生徒の豊かな心をはぐくむ「心の教育プロジェクト」の一環として、子ども向けに「心を育てる50の言葉」を選定。故事成語や偉人たちの名言などから、小学生の低中高学年別と中学生向けに計200の言葉を選び、2015年度から学校や家庭での活用を呼びかけてきた。

 今回はその「大人版」。今夏、市内の学校や住民らにアンケートを実施。子ども向けにもあった40に、新たに10の言葉を加えた。

 新しく選ばれたのは、県出身の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら