[PR]

 民話を元にした手づくりの大型紙芝居に、演劇と合唱も加えた市民参加の舞台作品「縁切り橋」が、山梨県韮崎市藤井町坂井の東京エレクトロン韮崎文化ホールで25日に上演される。

 韮崎の文化を育んで地域が元気になることをめざし、武田の里文化振興協会と市中央公民館が企画。1年前から準備を進めてきた。

 「縁切り橋」は市内の中田町中條地区に伝わる民話を題材にしている。中條村に住む半兵衛の娘、お駒が嫁ぐことになった。お駒は村一番の美女だが、嫁ぎ先はすぐそこの橋を渡ったところなので、嫁入りはあっという間に終わってしまう。花嫁行列をじっくり見たい村人たちが考えた妙案とは……というあらすじ。

 紙芝居は縦91センチ、横12…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら