ルーベンス展、10万人超 「フランダースの犬で…」

[PR]

 東京・上野の国立西洋美術館で開催中の「ルーベンス展――バロックの誕生」(朝日新聞社など主催)の入場者が10万人を超え、20日、記念のセレモニーがあった。川崎市の渡辺増美さん(68)に馬渕明子館長から図録などが贈られた。渡辺さんは美術好きの友人と来場。「ルーベンスはアニメの『フランダースの犬』で知っていました。本物に出会える貴重な機会で楽しみです」と話した。展覧会は19年1月20日まで。一般1600円など。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント