ISの娘を残し帰国「ごめんね」 平和賞が照らす性暴力

有料会員記事

ドホーク〈イラク北部〉=高野裕介、コンゴ民主共和国東部=石原孝
[PR]

 ISの性奴隷の実態を告発したヤジディ教徒ナディア・ムラドさん(25)と、デニ・ムクウェゲさん(63)へのノーベル平和賞授与は、紛争下の性被害の実態に光を当てた。ノーベル委員会のライスアンデシェン委員長は性暴力の撲滅について、「国際社会の努力は明らかに足りない」と指摘する。

 ムラドさんは自身がISの「性奴隷」となった経験を実名で告発してきた。受賞決定後の会見で、「声を上げられない人々の声になる。正義を求める人々のために立つ」と誓う一方、「一つの賞や一人の人間では、その目的を達することはできない」とも述べた。

 ムクウェゲさんはコンゴ民主共和国の病院で約20年間、武装勢力から性暴力を受けた5万人以上の女性を無料で治療。受賞決定後の取材に「レイプは(戦闘員らが)性的欲求を満たすためだけでなく、戦争兵器として使われている。住民に恐怖を与え、家族や地域社会を破壊する性的テロリズムでもある」と訴えた。

 性暴力の被害者には、夫や子の前でレイプされ、心に大きな傷を負って自殺する女性もいる。レイプされて生まれた子は集落から疎外されることもある。声を上げられぬ女性たちが今も世界に多く残されている。(ドホーク〈イラク北部〉=高野裕介、コンゴ民主共和国東部=石原孝

笑顔に胸締め付けられ

 イラク北部ドホークの避難民キャンプで暮らすヤジディ教徒のジーナさん(26)は今年2月、9カ月だった娘をシリアに残して帰国した。過激派組織「イスラム国」(IS)のサウジアラビア人の男にレイプされて身ごもった子だった。

 2014年8月、生後間もな…

この記事は有料会員記事です。残り1484文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら