[PR]

 東京の品川駅から歩いて数分のところにある、グランドプリンスホテル新高輪。そこの大宴会場「飛天」は、有名人の結婚披露宴や、テレビの歌謡祭の会場として知られる。

 けれど、文化の日は舞踏会の会場になる。ことしの11月3日も、正装をした1千人を超える男女が、中央を囲む形で集まった。

 中央に、社交ダンスのプロたちがつぎつぎに出てくる。音楽のリズムにあわせて数分踊り、さーっと退場していく。

 ワルツなどを華麗に舞う「ボールルーム部門」、そしてルンバなどを激しく踊る「ラテンアメリカン部門」。

 2部門それぞれ、優勝をかけた、1次予選から決勝まで12時間にわたる闘い。優勝すれば賞金1千万円と世界大会への切符、ゲットである。

 「バルカーカップ」

 それが、この大会の名称だ。バルカーは東証1部上場の工業用シールなどのメーカー。大会に特別協賛企業として資金を出しているので、冠がつく。

 午後6時半、準々決勝の前、タキシード姿の社長が、ひな壇に立った。

 「ぜひ、ここから世界に羽ばたいて下さい」

 こうあいさつした社長の名は瀧澤利一(たきさわとしかず)、58歳。創業者である祖父、父につぐ3代目社長である。

 バルカーの役員は、瀧澤から執行役員まであわせて15人、そのうち11人がダンスをする。さらに、東京や奈良などの事業所では、週に1回、社員たちがプロの講師にダンスを教えてもらっている。

 いわば、「踊りましょう」な会社である。なぜそうなったのか。すべては8年まえ、瀧澤がダンスを習うことから始まるのだが……。彼はダンスに関心がなかった。それどころか、軽蔑していたのである。

作業員を山に連れ戻す

 東京に生まれた瀧澤は、幼いころ、創業の地である大阪から遊びにくる祖母、つまり初代社長の妻に寝床でささやかれた。「立派な社長にならなあかん、頼むでえ」。それが睡眠学習になったのか、いい経営者になることしか考えない少年に育った。

 たとえば部活選び。高校時代はラグビー、大学でアメリカンフットボール。相手と激しくぶつかりあって体を鍛え、チームの仲間と勝利に向かう連帯感と不屈の精神を身につけた。

 大学を卒業し、大手ゼネコンに入る。志願して、岐阜のダム建設現場へ。

 〈人を動かすことを学ぶぞ〉

 現場の作業員たちへの給料は、週払い。金曜日にカネを手にした作業員たちは、山を下りて街に出る。休み明けの月曜日、現場にもどって来ない作業員が何人もでる。

 そこで、瀧澤の出番である。作業員がいそうなところを回り、山に戻るよう説得し、軽トラの荷台に乗せて山に戻るのだ。

 現場生活を3年積み、瀧澤は学んだ。説得に必要なのは、作業員一人一人への「思いやり」だと。瀧澤は信じることができた。言葉を交わさなくてもいい「以心伝心」というものを。

 大手商社でも修行。1995年、日本バルカー工業(現バルカー)の取締役になる。翌96年、社長をしていた父が病で逝き、36歳で社長に。

 当時の「東証1部最年少社長」を待っていたのは、金融危機だった。そのあおりで、バルカーは赤字に転落。瀧澤は、国内工場の売却、およそ3割の人員削減を断行した。

 事実上のオーナー会社にとって、社員は家族のようなものである。身を削る思いでリストラに踏み切った瀧澤は2000年、社員とともに進むことを宣言しようと考えた。

 必要なのは企業理念だ、と思った。「価値の創造と品質の向上」という基本理念を実現するために、10項目の行動指針をつくった。その一項目に、これを掲げた。

 「チャレンジ精神にあふれた『学習と成長』へのこだわり」

 これが、瀧澤をダンスの世界に導くのである。

「ダンスに決まってるでしょ」

 大阪に大切な取引先があり、そこの女性社長が社交ダンスをしていた。瀧澤は10年ほど前、発表会に行って彼女のダンスを見た。見事だった。そして、彼女が出演する発表会に行くようになった。

 ある日、彼女が言った。

 「いかがですか?」

 「いかがって何を?」

 「ダンスに決まってるでしょ」

 「私がするはずないじゃないですか」

 40代の半ばをすぎた瀧澤の半生に、ダンスのダの字はない。そして、大学生だったころを思い出した。入っていたアメフト部は、雨の日は体育館での練習になる。同じ体育館で、ダンス部の部員たちも練習している。瀧澤は軽蔑していた。

 〈あいつら、チャラチャラしやがって。邪魔だったよなあ〉

 しばらくたったある日、また、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら